最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年2月25日 (日)

未来のお洋服

無縫製のオートクチュール作品の展示会に行ってきました。作品のほかに、作る工程もわかるようになっていました。未来のお洋服です。

イマナガサトと東レのエキシビション

23ac21a9db8d40029d370656eb32c713

制作工程のほとんどを自動化しているそうで、未来のお洋服の作り方を、詳しくきいてみました。

まず人間を3Dスキャンします。採寸ということですね。デザインに沿って服のパターンを作り、小さなパーツ(4c×4cくらい、デザインによります)に分けます。このパーツは、直径3mmほどの穴が、角に空いています。カーボンで作られた、突起のあるジョイントパーツが裏側からあてられ、3mmのあなにキュッとはいってつながり、お洋服の形になっていきます。ミシンはつかわないのです。

採寸も、パターンを小さなパーツに分けるのもコンピューター、裁断もレーザーカッター、一点ものですが、いままでの手仕事の比率の多いオートクチュールとは、全然違う作り方ですね。

Img_17342

E25f507ecf9b474b809b1b1e44803208



素材は、今年はウルトラスウェードを使用しています。レーザーカッターとの相性バツグンです。ウルトラスウェードは、厚みの種類がたくさんありますが、展示の作品は、薄いウルトラスウェードを二枚接着して使っていました。表も裏も同じ表情にできますね。レーザーカッターの裁断面は、熱で少しこげるというか、溶けたような仕上がりになり、真ん中に、はさんである接着芯が見えなくなっているうえに、裁断面からの剥離も予防しているようでした。

ところでこの制作工程では、まだ人間の手作業で行われているところがあります。

ひとつは、最初に作るパターンです。パターンができれば、小さく分けるのは、コンピュータがやるのですが、デザイン画を立体にする創作は、人間です。あーよかった、パタンナーの仕事が無くなっちゃうとしんぱいしました。

いや待て、東レのアパレルCAD、パターンマジックⅡ3D では、製図、トワル作成、補正が、画面の中でできるようになっているではないですか。このソフトを使えばかなりのとこまで、手作業は減るんじゃないかなあ。でも最終は、実際トワルを組まなきゃですよね。

あと、レーザーカッターのデータも、1パーツずつ型入れしているそうです。1着のパーツ数がおおいので、大変な作業ですね。この作業も、アパレルでは、マーカマジックをつかって、ワンクリックで要尺を出しているので、なんとか使えないのかしら。レーザーカッターのデータは、イラストレーターでなければいけないそうです。マーカマジックの型入れ図を、.aiに書き出すことはできないんだろうか。

あとちょっとで、劇的に自動化できそうな予感がしますが、未来のお話なのか、どうかしら。

自動化といっても、このシルエットでオーケーかどうかの判断は、まだ人間の、決めるところだと思います。エンターキーを押すのは人だから。

会場のスタッフのかたには、とても丁寧にご説明いただいき、楽しい時間が過ごせました。ありがとうございました。

2018年1月 3日 (水)

2018 新年

今年もよろしくお願いします

2018

2017年10月29日 (日)

おまけ

レーザーカッターで材料を切るデーターを作るとき、ちょっとすき間ができると、もったいないなーと思って、何か切りたいとつい考えてしまいます。

少し大きめのすき間には、糸巻きを配置。ちょびっと残った糸を整理するのでとーっても便利です。いくつあっても足りなくて、これだけ切りたいって思いますが、それはお金がかかるので、やっぱりついでのおまけのものなんですよね。

とっても小さいすき間には、チャームを配置。何に使うか決めずにその時の気分で柄を決めるんですが、おまけなのについ時間かけてしまいます。
でもこうして作ったチャームは、ラッピングのヒントになったりして、時間がたってから活躍してくれます。

2017blog

2017年1月 2日 (月)

2017 新年

あけましておめでとうございます。

Dscf6173webことしは作品の数をふやそう。
web shopに挑戦しよう。
型紙のYUMIPATTERNSのアイテムをふやそう。
運動量をふやそう。

決意表明でした。

2016年11月30日 (水)

SOUさんで、お買い物

2016/11/26

お友達の小河原さんから、ハンドリフレの一日パフォーマンスをやります、と連絡あったので、出かけてきました。
手をマッサージすることなんて、今までなかったので、初体験です。いつも整体で腰ばっかりなものですから。
場所は立川で、「NPO法人SOU」というお店です。知的障害者の作品を集めたセレクトショップだそうです。施術を待つ間、お店をじっくり見て回っちゃいました。どの商品も、商品というより、作品と言った方がふさわしいくらい、アートなんです。見入ってしまいました。すぐにあれもこれもほしいなー、どれにしようかなーとたのしい葛藤がはじまりました。
一番先に目についたのが、イタリアの知的障害者のアトリエからの輸入のトートでした。4種類くらいあって、まよって、やはり最初にピピッときたのを買いました。

Sou
laboratorio zanzaraというネームがついています。こちらホームページと、Facebookのページです。意思を感じるくまの絵と、イタリア語が書いてあります。意味は「楽しみながらやりなさい」。
あーほんと、そうだなー、はじまりは楽しいことが基本だよなー、と自分を振り返る言葉でした。素材は綿ですが、濃色のパープルと赤も、深く染まっていて、きれいです。
トートが入っていた箱にもイラストがプリントしてあって、とっても可愛い演出です。トートの他に、Tシャツや、エプロンや、オブジェもあり、コンセプトが統一されていてブランドとして確立しています。もっと多くのショップで展開できそうだなと思いました。
もう一つ。メイドイン立川の、あずきカイロを買いました。

Photo

中にあずきが入っています。電子レンジでチンして、繰り返し使えるエコなカイロです。使ってみました。ほんのりあずきの香りと、つぶつぶの感触が気持いいです。これは細長いので、首に巻いて使います。正方形の腰用もありました。生地と形でバリエーションがありそうです。
意外に手は疲れていて、ハンドマッサージで体の端っこが、軽くなりました。パソコンや、編み物で酷使していたのかも。小河原さんのお誘いがなければ、こんな素敵な作品に出会えませんでした。最近忙しかったので、充実した休日でした。ありがとうございました。

2015年3月26日 (木)

2015 たかしまてつをさんのイベント

たかしまてつをさんの個展 2015.3.25

19:15ころ、京橋のモリイチ 2Fの展示会場に着きました。平日の18時までしか開いていないのですが、今日はイベントがあって、延長してくださっていました。
たかしまてつをさんによる、自分が持ち込んだ手帳に絵を描いてくださるという、ありがたいイベントが開催されました。展示物には手を触れないでくださいと、張り紙してあるのに、手をふれないどころか、持って帰れちゃうんです。
すでにみなさん、整理番号をもらって順番がくるのを待っていました。たかしまてつをさんが座っている前には、いま絵を描いてもらっている人がすわって、たのしそうにおしゃべりしています。その頭上には手元を映した映像が、大きなスクリーンに映し出されていて、離れていても、どんな絵を描いているのか、よくわかります。
私の番が回ってきました。
2015blog
 
  作品のネタ帳の最後のページに描いてもらいました。引き締まった感じします。
Photo
個展は4月10日( 金)まで。
何をテーマにしていても、いやされる作品がぎゅっと展示されています。

2012年8月13日 (月)

2012東京湾大華火祭

2012.08.11
東京湾大華火祭の記録2012blog_4
お弁当と、スパークリングワインとハーブの虫除け

4blog

2012年1月 7日 (土)

メコンウォッチ 告知

有楽町にある、新有楽町ビルのさえずり館で
NPO団体、メコンウオッチの企画展があります。

期間 1月10日〜2月28日
場所 さえずり館
内容 メコン川の自然環境保護

昨年は、これまでの価値観を大きく変える災害がありました。
いままで、うっすらと、
やっぱり自然が一番だよねー、と思っていたことが、
具体的に、緊急に、決断を迫られた出来事でした。
水も電気も食べ物も、おしゃれも、移動も、娯楽も、
使いたい放題、選びたい放題の今まででしたが、
すこし世界を見てみると、
いまも、昔と同じ暮らしを受け継いでいる地域があります。

メコン川流域に暮らす、少数民族のみなさんは、
魚を獲り、畑を耕し米を作り、綿を栽培して、糸を紡いで、機織りをします。
彼らと同じ生活をすることは、できないかもしれないけれど、
今年は、彼らの生活から、何か学ぶものがあるかもしれません。

例えば、米作りでは、毎年、十数種類のもみを蒔きます。
気候や諸条件のリスクを考えると、どの種類のもみが、その年に最適なもみか、わからないからです。
米が収穫できないなんてことは、あってはならないのです。
無駄のようでも、必要な無駄です。
見習いたい、危機管理ですね。
そして、自然と共存するって、きびしいことですね。

とまあ、このようなことが、いろいろな角度から
紹介されている展示です。
この展示パネルのデザインを、
この度、やらせていただきました。
写真で構成された、機織りの女性達のポスターなどは、
お気に入りです。
自分が、服飾関係なので、よけいに、ぐっとくるのかもしれません。

有楽町にお出かけの際には、
ぜひお立ち寄りください。
展示場の隣の隣には、鉄道模型の走る、
鉄道cafeがあります。
鉄ちゃん、鉄子さんもぜひ!
Photo

2012年1月 3日 (火)

モロッコワイン GRIS

頂き物のモロッコのワイン。
色は、珍しいグレー。
お正月用にとっておきました。
お料理は、きっとクスクスなどの
エスニックが似合うのでしょうが、
イタリアン系で、用意しました。
酸味はあるのですが、
飲みやすかった。
しばし、気持ちはアフリカ大陸へ、飛んで行きました。

Gris

2012おせち料理

実家のお雑煮は
富山のお雑煮。
だいこん、里芋、こんにゃく、ごぼう、人参、鶏肉、
そして味の決め手は、
ブリの素焼きです。
おつゆに入れると、だしも出るし
香ばしいです。薬味は三つ葉だけなので、魚臭くならないの?
ときいてみたら、塩をふらずに、素焼きにすると
いいのだそう。2012_2

毎年食べる、母のおせち料理は
いつもの味付けで
いつものメニュー。
安心感いっぱいです。
ことしも変わらず元気にしていてくれることに
感謝します。
ここ数年は、デパートのおせちも加わって、
いろんな味が楽しめます。
2012_4

より以前の記事一覧

最近の写真

  • W350
  • 155w003_350
  • Chsw350
  • 20183_5
  • 20183_3
  • 20183_2
  • 20183_6
  • 20183_4
  • 20183
  • 2018_5
  • 2018
  • Ossan